ミュウツーHR争奪戦 シールド戦 攻略

2019/07/09

いよいよ本日から全国各地でミュウツーHR争奪戦が開催されます!
ということで、リミックスバウトでのシールド戦についての考察や、優勝デッキの紹介をします。

各地で開催される争奪戦の結果を見ながら、随時記事を修正・追記していきます。

15パックの封入率は?

まずは、15パックを開封したときに、どのレア度が何枚出るのかを見てみます。

15パックの封入率

15パック開封した際の封入率は大体こんな感じです。

  • SR↑:0.54枚
  • RR:1.67枚
  • TR:0.54枚
  • R:4.75枚
  • U:22.5枚
  • C:45枚

GXポケモンは大体1~2枚出てくる計算です。

非公式ミュウツーHR争奪戦 パック開封シミュレーター

フランス人デザイナー「Toine Lay @ToineLay」さんが「非公式ミュウツーHR争奪戦 パック開封シミュレーター」を公開されているので、紹介させて頂きます。

ボタン一つでリミックスバウト15パック開封時の結果が表示される、非常に便利でとても見やすいシミュレーターです。

デッキの組み方は?

ポケモン・エネルギー・トレーナーの割合

公式ページで推奨されている割合は

  • ポケモン:15枚
  • トレーナーズ:10枚
  • エネルギー:15枚

です。

当たったカードによって微妙に割合は変化すると思いますが、基本的には上記の割合をベースにして構築するのが良さそうです。

7/4~7に開催されたミュウツーHR争奪戦の優勝者デッキの平均は

  • ポケモン:13.1枚
  • トレーナーズ:10.9枚
  • エネルギー:16枚

でした。エネルギーがちょっと多めで、その分ポケモンが少な目です。

強いカードは?

GXポケモン

TAG TEAM GX 3種

デッキの主軸となる3体です。どれも非常に強力で、こいつらをどう活かすかがデッキ構築のポイントですね。

アローラペルシアンGX

TAG TEAM GXや特殊エネルギーがついたポケモンを封殺できる危険な奴です。
ただ、やはりTAG TEAM GXほどの圧倒的なパワーはないので、非GXポケモン相手でも2体がかりくらいで倒されてしまいます。

その他ポケモン

フィオネ

1stバトルでほぼ全員が採用していたと思われる、フィオネです。
相手のポケモンを入れ替える特性が強力で、単調になりがちなシールド戦の戦略の幅を広げることができます。

7/4~7に開催されたミュウツーHR争奪戦の優勝者全てが採用されていました。問答無用で採用して良いカードですね。

ロトム

無色1枚で2ドローできるので、序盤の盤面を整えるのに非常に便利なポケモンです。
超エネルギーが必要ですが、トラッシュからのエネ加速も可能な凄い奴です。

ズガドーン

相手のサイドが3枚だと、2エネで12個ダメカンを乗せることができます。
シールド戦はサイド4枚スタートなので、非GXポケモンが1体倒されれば条件が満たせます。

トレーナーズ

エリカ

参加賞として配布されるので、全員入手できるカードです。
7/4~7の優勝者14人中12人が採用しているので、とりあえず採用でOKだと思います。

グレートキャッチャー

1stバトルの決勝の最後の決め手にもなりましたグレートキャッチャーです。TAG TEAM GXをどうやって倒すかがキーになるので、問答無用で引きずりだせるグレートキャッチャーは超強力です。

ローラースケーター

トラッシュにエネを送りながら、4枚ドローできるのが強かった印象です。

優勝デッキ紹介と分析

優勝デッキの紹介と分析は下記ページにまとめました。

スポンサーリンク



2019/07/09その他