トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋

チャンピオンズリーグ2019 東京 上位デッキを分析

9/16に開催されたチャンピオンズリーグ2019東京のマスターズリーグ上位入賞者のデッキを色々と分析してみます。

TOP32 デッキ一覧

まずは上位32人のデッキ一覧です。レシピが見つからなかったものは未記載です。

順位デッキタイプレシピ
1カラマネロ + ギラティナ
2ズガドーンGX + アーゴヨン
3マッシブーンGX + ルガルガンGX
4アローラナッシー
5ウルトラネクロズマGX + カラマネロ
6ゾロアークGX + ルガルガンGX
7マッシブーンGX + アローラキュウコンGX
8マッシブーンGX + ルガルガンGX
9グランブル
10ゾロアークGX + ルガルガンGX
11ゾロアークGX + ルガルガンGX
12ゾロアークGX + ルガルガンGX
13ゾロアークGX + ルガルガンGX
14ゾロアークGX + ルガルガンGX
15マグカルゴGX
16ジュナイパーGX + ゾロアークGX
17ジュナイパーGX + アローラキュウコンGX
18アーゴヨンGX + ツンデツンデGX
19カラマネロ + ギラティナ
20ウルトラネクロズマGX + カラマネロ
21ゾロアークGX + ルガルガンGX
22ロストマーチ
23カプ・コケコ + ドンカラス
24ウルトラネクロズマGX + カラマネロ
25ズガドーンGX + アーゴヨン
26ジュナイパーGX + ゾロアークGX
27ゾロアークGX + ルガルガンGX
28ズガドーンGX + アーゴヨン
29ゾロアークGX + ルガルガンGX
30ゾロアークGX + ルガルガンGX
31ゾロアークGX + ダストダス
32ゾロアークGX + マグカルゴ

デッキタイプ別使用者数

デッキタイプ別に使用者数を見ていきます。

ゾロアークGX + ルガルガンGXデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 10人 / 32人

最大勢力は「ゾロアークGX + ルガルガンGX」でした。
ただ、しっかりと対策が取られていたせいか、意外にもTOP4にはゾロアークGX+ルガルガンGXは残りませんでした。

特にゾロアークGXはルガルガンGX以外との組み合わせでも使われており、全て合わせると14ものデッキで採用されてました。
32人中14人なので、約44%の人がゾロアークを採用するという圧倒的な割合です。

デッキレシピ一例


デッキコード:SMpyM3-R4anan-ppUpXU

ズガドーンGX + アーゴヨンデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 3人 / 32人

次いで使用者が多かったのは「超爆インパクト」で登場したズガドーンGXとアーゴヨンの組み合わせです。

準優勝されたミヤモトさんのデッキもこのタイプです。
対戦の動画を見ていましたが、ズガドーンGXの爆発力がとにかくすごいデッキです。

デッキレシピ一例


デッキコード:cKa8cD-zG9LQK-xYxaKG

ウルトラネクロズマGX + カラマネロデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 3人 / 32人

「禁断の光」で登場したウルトラネクロズマGXとカラマネロの組み合わせです。
ロストマーチデッキ対策のためか、ギラティナが入っているパターンも増えているようです。

デッキレシピ一例


デッキコード:VVwkfk-1Dx1jE-FkVV1k

カラマネロ + ギラティナ(超バレット)デッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 2人 / 32人

フェアリーライズで登場したギラティナをメイン火力にし、その他状況に合わせてピンポイントで刺しているポケモンで臨機応変に戦うデッキです。

優勝者のヒラノさんがこのタイプのデッキです。

デッキ構築の時点で環境を読み切る必要があり、高度なデッキです。使い方が非常に難しそうです。

デッキレシピ一例


デッキコード:L6g6LQ-P5QRBf-HiNnLg

マッシブーンGX + ルガルガンGXデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 2人 / 32人

かつて環境を蹂躙したマッシブーンGXです。

SMレギュレーションになったことにより、「ストロングエネルギー」が使えなくなり弱体化したものの、まだまだ強さは健在のようです。

デッキレシピ一例


デッキコード:accxxK-lOrnC4-Y8J8xa

ジュナイパーGX + ゾロアークGXデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 2人 / 32人

ダメカンを2個乗せるという単純かつ強力な特性を持つジュナイパーをメインにしたデッキです。
ロストマーチデッキのようなHPの低いポケモンがメインのデッキに対しては特に有効です。

デッキレシピ一例


デッキコード:x4x8Dc-cVktX9-8xKxa8

これ以降のデッキはすべて使用者1名です。

アローラナッシーデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

トラッシュにある基本エネルギーの種類分ダメージが増加するワザを持つアローラナッシーがメインのデッキです。最大1エネで120ダメージを叩き出せます。また、HPも160と非GXにしては高めなのも強いですね。

デッキレシピ


デッキコード:FVFkfw-0IfhKJ-V1V15k

マッシブーンGX + アローラキュウコンGXデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

マッシブーンGXとアローラキュウコンGXをメインにしたデッキです。ルガルガンGXが入っていないタイプです。
アローラキュウコンGXの特性でビーストリングやカスタムキャッチャー等を状況に合わせてピンポイントで持ってこれるのが強力です。

デッキレシピ


デッキコード:FkV1Fv-2aD9LO-kwV15v

グランブルデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

一躍話題となったグランブルデッキです。
手札をゼロにしてしまえば1エネで160ダメージも叩き出せる強烈なデッキです。

デッキレシピ一例


デッキコード:KaJDca-GyXOEL-8cxxxa

マグカルゴGXデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

マグカルゴGXが主力のデッキです。
非GXのマグカルゴやマオで山札を操作し、マグカルゴGXの特性でエネルギー加速をするというデッキです。

デッキレシピ


デッキコード:iQPLLn-K5yjQY-gniLN6

ジュナイパーGX + アローラキュウコンGXデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

ジュナイパーGXとアローラキュウコンGXを組み合わせたデッキです。ラグラージやヨーギラスといった珍しいポケモンが採用されてます。

デッキレシピ


デッキコード:M3ySSM-ZS3H0D-pMUUy2

アーゴヨンGX + ツンデツンデGXデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

アーゴヨンGXやツンデツンデGX、カミツルギGX等のウルトラビーストGXポケモンを数種類採用されているデッキです。
ツンデツンデGXの特性ですべてのウルトラビーストへのダメージを軽減できます。

デッキレシピ


デッキコード:1FVfV1-t2iAxb-VwVV1k

ロストマーチデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

超爆インパクトで最大の話題になったロストマーチデッキはTOP32の中に1名だけです。
ほとんどのデッキが対策をしていた中で上位に食い込まれたのはすごいと思います。

カプ・コケコ + ドンカラスデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

カプ・コケコでダメカンをばらまき、ドンカラスで大ダメージを与えるデッキです。

デッキレシピ


デッキコード:Lin9iN-K45cP1-L6gLgn

ゾロアークGX + ダストダスデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

相手のトラッシュにあるグッズの枚数だけダメージが上昇するワザを持つダストダスが採用されています。
ダークオーダー発売後、流行りそうなデッキタイプです。

デッキレシピ一例


デッキコード:fVb5wV-zvmIg1-1vk1FV

ゾロアークGX + マグカルゴデッキ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数 1人 / 32人

マグカルゴで山札を操作し、ゾロアークGXで引くというコンボを搭載したデッキです。

まとめ

意外にもレックウザGX、ゼラオラGXがTOP32に一人も残っておりません。
レックウザGXはやはりPPマックスが使えなくなったせいで、瞬発力が落ちたのが原因でしょうか。

また、大会中の使用人数が多そうな「ロストマーチ」も勝ち残ったのは一人だけです。

スポンサーリンク




ドローサポートの採用率

SMレギュレーションになり、これまでメインで使われていた「プラターヌ博士」、「N」が使えなくなりました。
チャンピオンズリーグ2019東京ではどのドローサポートが良く使われていたかを見ていきます。
なお、デッキリストが判明している23名分のデータをもとに検証してます。

シロナ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数:22人 / 23人

平均採用枚数:3.7枚

当然ですが一番ドロー効率の良いシロナが採用率1位です。
平均採用枚数も3.7枚とほとんどのデッキで4枚採用されています。

リーリエ

使用者数:20人 / 23人

平均採用枚数:2.3枚

採用率2位はリーリエです。最初のターンだと8枚までドローできるという追加効果がとにかく強いです。
カプ・テテフGXを入れているデッキであれば、結構な確率で1ターン目に打てます。

ククイ博士

使用者数:11人 / 23人

平均採用枚数:2.1枚

ワザのダメージを20点底上げするククイ博士が採用率3位です。
ゾロアークGX+ルガルガンGXデッキによく採用されています。

ジャッジマン

使用者数:11人 / 23人

平均採用枚数:1.6枚

お互いの手札を4枚にするジャッジマンがククイ博士と同じく採用率3位です。
相手の手札に干渉できるドローソースです。

フウとラン

使用者数:7人 / 23人

平均採用枚数:1.7枚

二種類の使い方ができるフウとランが採用率5位です。
ドロー効率はシロナよりも落ちますが、使い勝手は悪くないカードです。

かんこうきゃく

使用者数:3人 / 23人

平均採用枚数:2.7枚

手札を好きなだけトラッシュしたうえで、5枚までドローできるサポートです。
ズガドーンGXデッキやアローラナッシーデッキなどの、トラッシュを活用するデッキに採用されています。

ロケット団のいやがらせ

使用者数:2人 / 23人

平均採用枚数:1枚

ジャッジマンと同様に相手の手札に干渉できるサポートです。相手の邪魔をするという点では引ける枚数の少ないジャッジマンのほうが優秀です。

モノマネむすめ

使用者数:2人 / 23人

平均採用枚数:1枚

相手の手札の枚数分までドローできるサポートです。あまり採用されていないようです。

スポンサーリンク




使用者の多かったトレーナーズ

次はよく採用されていたトレーナーズカードです。上位5種類を紹介します。
ドローサポートやボールは対象外としてます。

グズマ

駿河屋 Amazon 楽天

使用者数:23人 / 23人

平均採用枚数:2.9枚

相手のベンチポケモンを引きずり出すグズマが採用率1位です。公開されているレシピでは100%の採用率です。採用枚数も2.9枚とほとんどのデッキで3枚以上採用されてます。

こだわりハチマキ

使用者数:21人 / 23人

平均採用枚数:2.5枚

次いで採用率が高かったのはこだわりハチマキです。GXポケモンは軒並みHPが高いので、コレがないと倒すのが大変です。

レスキュータンカ

使用者数:20人 / 23人

平均採用枚数:1.6枚

ポケモンを使いまわせるレスキュータンカが採用率3位です。
コレがないとメインポケモンを倒されてそのまま戦えなくなることもあります。

フィールドブロアー

使用者数:14人 / 23人

平均採用枚数:1.1枚

スタジアムやどうぐを破壊できるグッズです。採用枚数はほとんどの場合が1枚だけです。

アセロラ

使用者数:12人 / 23人

平均採用枚数:1.7枚

ポケモンとついているカードを全て回収できるアセロラが採用率5位です。
ゾロアークGX+ルガルガンGXデッキではかなりの割合でアセロラもセットで採用されてます。ルガルガンの特性を使いまわせるので強力です。

まとめ

来月にはダークオーダーが発売されるため、また環境はがらりと変わりそうです。
ただでさえ使用率の多いゾロアークGXですが、ダークオーダーで悪が強化されてさらに使用者が増える可能性がありますね。

10月中旬からは「シティリーグ」が始まるので、環境がこれからどう変わっていくのかが非常に楽しみです。



その他