6/8~9 ジャパンチャンピオンシップス2019 上位入賞者デッキまとめ

2019年シーズンの最大最後のイベント「ジャパンチャンピオンシップス2019」が6/8~9に開催されました。
国内チャンピオンシップシリーズ2019の締めくくりの最大最後の大型大会でした。

公式ページにも掲載されてますが、上位入賞者デッキを紹介します。

マスターリーグ

優勝:レシラム&リザードンGXデッキ(レシリザ)

デッキコード:FFvF5w-YA5TVm-1FVbkV

マスターリーグ優勝はクリタ コウヘイ選手のレシラム&リザードンGXデッキでした!
やはりレシリザは強いです!

準優勝:スペシャルレーザーネクロズマ(スペネク)

マスターリーグ準優勝はヒビノ コウスケ選手のスペシャルネクロズマ(スペネク)デッキでした!
ミラクルツインで登場した新ネクロズマを中心にした非GXメインデッキです。

シニアリーグ

優勝:ゾロアークGX+ルガルガンGXデッキ

デッキコード:LN6L6n-CEDetZ-n9iPgg

シニアリーグ優勝はキトウ イツク選手のゾロアークGX+ルガルガンGXデッキでした!
ミラクルツイン環境になっても安定した強さを持っています。2017年7月にひかる伝説が発売されたときに登場し、2年経った2019年でもまだまだ環境トップクラスというすごいデッキです。

ジュニアリーグ

優勝:レシラム&リザードンGXデッキ(レシリザ)

デッキコード:Mp3M23-VV93JX-R3Rp3M

ジュニアリーグ優勝はミヤケ シュンスケ選手のレシラム&リザードンGXデッキでした!
ミヤケ シュンスケ選手は去年のジャパンチャンピオンシップス2018のジュニアリーグでも優勝されており、2年連続ジュニアチャンピオンとのことです。すごすぎますね。

まとめ

マスター、ジュニアでレシリザが優勝されており、環境トップの貫禄を見せつけました。
マスター準優勝だったスペネクやプテラアバゴーラ、ミュウミュウ等のミラクルツインで登場した新カードを使った様々なデッキが活躍していたようですが、優勝までは今一歩及ばなかったようです。

8月にはワールドチャンピオンシップが開催されますが、日本で開催される次の大型大会は9/22(日)「チャンピオンズリーグ2020 東京」です。3か月も先ですね。
環境は9/6発売の「オルタージェネシス」環境となってます。相変わらずレシリザが暴れているのか、新たなカードが猛威を振るっているのか、どうなっているんでしょうね。

スポンサーリンク